Thursday, 8 March 2012

トゥルーズ・ミシェル・ダーニッシュ・ソダリー


あなたの問題は難しそうです。猫は特別でも息子の健康は一番大切と思います。しかし 心配しないで下さい。息子の病気は一人ではないで色々な人も動物の毛にアレルギーがあります。そして、その人達はまだ猫と住んでいる出来ます。猫と住み続けたい、色々な選択肢を考えて下さい。例えば、アレルギーの症候を減じるために毎日掃除をしてみます。他にも、猫はあまり運動をしないなら、他の部屋で入れます。最後に、息子の症候を広がったら、動物シェルターにあげるほうがいいです。大変でも是非に及ばずと思います。猫は今若くなくて息子はまだ子供で長い命を生けます。猫は自分の子供ような感じがしますが、息子の健康と考えなければなりません。

1 comment:

Claire said...

親切なアドバイスですね。でも、私は動物シェルターより責任がある友達やお隣さんにあげる方がいいと思います。私は動物シェルターに猫をもらった先生があります、その先生は動物シェルターで猫が時々おなかがいっぱいできないこともいると言います。