Thursday, 8 March 2012

ミンへ・ハティ・ケビン・アントニ


こんにちは。あなたの気持ちはよく分かります。猫はあなたの家族になったので、その状況は大変なんでしょう。ただ、息子さんが猫にアレルギーがあるからと いって、猫を捨てなければいけないわけではありません。他の方法もあります。例えば、息子さんが入れない部屋に猫を入れたらどうですか。出来たら、時々猫 を外に行かせるのもいいでしょう。それか、猫をもらってくれる人をもっと探して下さい。なんとかして、息子さんの健康のために解決方法を見つけなければな りません。将来を考えれば、猫はいつか亡くなるでしょう。でも、息子さんはずっと一緒にいるんですよね。何が大切かじっくり考えてみて下さい。適切な解決 方法が見つかるといいですね。

No comments: