Thursday, 8 March 2012

スミ・アニー・シンディー・ジン


猫に愛着を感じているのはよくわかります。取りあえず、二週間ぐらい猫と一緒に住みながら息子さんの反応を見るのはどうですか。しかし、息子さんのアレルギーに気をつけなければならないと思います。たとえば、猫を息子さんから引き離して、家を掃除してみることが考えられます。そして、ベッドシーツをせめて一週間に二回ぐらい洗濯をするのも大事でしょう。もし、息子さんのアレルギーが悪くなったら、猫の世話ができる親戚や友達に聞いてみるのはどうですか。それができないなら、インターネットに広告を出して、猫を大切にしてくれる人を見つけてもいいでしょう。私たちは息子さんと猫の両方が健康で幸せになることを願っています。

No comments: